保険・税金などの手続き

年金の手続き

退職と同時に厚生年金の加入資格を失うため、期間が無く転職先へ入社する場合は即転職先の厚生年金への切り替えとなるが、なんらかの事情で期間があいてしまう場合は、その間だけ国民年金へ加入しなければならない。 国民年金へ切り替える場合は退職後、14日以内に自治体の担当窓口へ国民年金被保険者資格取得届を提出し、納付書に従い保険料を納付することになる。

健康保険の手続き

健康保険については、今まで加入していた保険に引き続き入る任意継続、国民健康保険への加入、家族の被扶養者となる方法がある。任意継続の場合は、今まで会社が支払っていた分の保険料も負担する事になるが、上限が定まっており、所得によっては今までよりも減る場合がある。国民健康保険は退職後14日以内に自治体の窓口にて手続きをする事になる。数ヶ月経過してからも加入する事は出来るが、保険料は退職翌日からの分を支払う事になる。被扶養者になる場合は、様々な条件が付くので随時確認する事。

税金の手続き

所得税はその都度、給与から天引きされているが、住民税は自分で手続きをしなくてはならない。退職した時期により手続きが変わるので、所管の税務署で届出や納付について相談するのがいいだろう。