退職までの準備

退職を申し出る時期

内定を貰い入社する意思が固まったら退職する事を伝える。転職先企業から入社日の指定などがあれば、その時期に合わせることになるが、なるべく早く伝えるにこした事は無い。出来れば2ヶ月前、遅くとも1ヶ月前には直属の上司に直接伝え、そのほかの社員や担当する顧客には自分から退職する事を言う必要は無い。引き継ぎや後任が決まる前に退職する事を伝えるのは混乱を産んでしまうことがある。 伝える際には、退職の意思が固いこと、退職の希望日などを具体的に伝え、その後会社との間で引継ぎなどの予定を組んでいく。

引継ぎ時の注意点

退職日が決まったら、今までの業務を後任に引き継がなければならない。どの業務を誰に引き継ぐのかを確認し、退職日の2,3日前までには終わるように予定を立てると良い。日程ギリギリまでとすると、万一のトラブルなどへの対処が難しくなる。業務や担当ごとに自分が作成したファイルをまとめ、PC内のデータについても保存場所を一覧にしておくとスムーズな引継ぎとなるのではないだろうか。