面接に向かうときの服装

第1印象を良くしたい

面接が行われる会場など初めて面接担当者と会う際の第1印象はとても大切。身だしなみはきちんと整えて向かいたい。家を出る前に一旦チェックし、会場に到着したら本番前にトイレなどでもう一度確認しよう。

  • 髪はすっきりと、耳を出す
  • 髭は剃ったか
  • 爪は切ってあるか
  • スーツのボタンを留める
  • Yシャツの上のボタンは留める
  • ネクタイは曲がってないか
  • シャツはアイロンがかかっているか
  • ズボンに折り目はあるか

以上をチェックすると普通にしていればいいだけであるが、再確認しておこう。

面接中の話し方、表情、姿勢

服装だけではなく全体的な雰囲気も印象に大きく影響する。ハキハキと話し、試験管の目を見て受け答えする事で、かなり印象が良くなるはずだ。

話し方について

  • ハキハキと簡潔に話す
  • 敬語の使い方に注意
  • 一方的に話さない。

表情について

  • 視線は面接官の方へ
  • うつむいたりはしない
  • 緊張しすぎた表情も良くない

姿勢について

  • 背筋を伸ばす
  • イスには浅く腰掛ける
  • 手はひざの上に

これらの点に気をつけるだけで印象は大分良くなる。自分には普段から出来ていると思う人も再度確認してみよう。