職務経歴書の作り方

職務経歴書とは

職務経歴書とは、今までどのような業務でどのような経験を積んできたのかを伝えるための書類。応募先の企業で何が出来るのかをアピールするのがポイント。履歴書の職歴欄には書ききれない情報を書き、自分が役に立つ人材であるかを伝えることが大切。

職務経歴書の用紙

職務経歴書には履歴書のような用紙は存在せず書式は自由。しかし、冗長すぎるものや短すぎるもの、読みにくいものは敬遠される。手書きで書くよりパソコンでまとめたほうが良いだろう。目安は多くともA4用紙2枚以内に納める事。

何を書くべきなのか

今までの勤務先と職位、自分が携わった業務とその期間、その中でどのような実績があり、社内ではどんな評価を受けてきたかを具体的に書く。業務レベルで使えるようなPCソフト、装置類などがあればそれも書くとよい。 重点を置くのは、応募した職種に適正があるとアピールする事で、営業職に応募するならコミュニケーション能力が高い事をアピールしたり、技術職ならその分野に関しては専門家であると自負できるような内容となる。
記載する項目

  1. 1. 作成(提出)日と氏名
  2. 2. 志望職種
  3. 3. 経歴の概略
  4. 4. 勤務先・所属・職位
  5. 5. 職種・担当業務
  6. 6. 専門知識・技術・資格
  7. 7. 自己PR

具体的なまとめ方

職務経歴書のまとめ方は大体2つに分けられる。時系列でまとめる方法と職務内容ごとにまとめる方法である。

時系列でまとめる

自分が携わった業務を年代順に書いていく一般的な形。まとめやすい。

職務内容ごとにまとめる

自分が携わった職務ごとに書いていく。複数の分野で経験のある人に向く書き方で、スキルのアピールできる。

WORDなどのソフトを使って作る場合は、テーブルなどを使用し、見やすくすると良いだろう。