転職の応募手順

応募の仕方も見られている

転職に対する目的が決まり、自分の希望条件と合う求人情報があればいよいよそれに応募する。具体的な応募の仕方は企業によって異なるので、求人情報、転職情報などに記載してある方法に従う。例えば、『電話連絡の上、履歴書送付』とあれば必ず電話してから、書類を送り連絡無しで書類をいきなり送りつけてはいけない。書いてあるルールを無視した応募は審査前から印象を悪くすることがあるので、気をつけること。

複数の企業に応募する場合

同時に複数の企業に応募し、並行して進めることもあると思うが、やはり応募や連絡手段はそれぞれの企業ごとに従う。応募した後で、企業の担当者からなんらかの返事が来たら、返信の必要がないようなメールでも『ご連絡ありがとうございます。』のような形で返信し、連絡が届き、その内容を把握した事を伝えます。連絡をしたのに音沙汰の無い相手よりはリアクションがあった方がいい印象となるのではなるだろう。

電話による応募の仕方

転職活動において、いろいろな求人情報を集めていき、そして応募先に目星をつけることになる。
自分の希望と見合うような求人案件を見つけたら実際に応募となるだろう。
応募方法としては、履歴書を郵送するものから、メールでの応募、電話にて連絡した後、書類持参での訪問など、企業によって様々となっている。
ここでは電話による応募の仕方のポイントを押さえよう。