転職でまず考えること

転職する理由をはっきりさせる

転職をしたいと思った以上、何らかの理由がるはず。最初の作業はそれをはっきりと明確なものにする事だ。理由なんて人によって様々で、

  • 給与への不満
  • 会社の将来への不安
  • 仕事に対するやりがい
  • 自分のキャリアを伸ばしたい
  • 人間関係が上手くいかない

などなど。いくつか上げ、そのうち自分が転職を決意するに至った最も大きな原因は何かじっくりと考える。それが今回の転職の動機となり、その解消が転職に対する大きな目的だと言える。いくら考えても具体的な理由が思いつかない場合は、無理して転職する必要は無いといえる。

転職での妥協点を探る

転職する理由が具体的に分かってきたら転職での目的を考える。現在の給与に不満を持ち転職を考えたのなら、いくらほどの給与が欲しいのか、会社に不満ならどういう会社がいいのかと目的を書き出す。一通り書き出したらその中から、妥協できる点出来ない点を決めていく。妥協点を決めると転職情報を探し方から、応募書類の書き方、面接での受け答えや視点が変わり、なんとなくで転職活動を始めて受かったから入社しました、ではなく、後悔の無い転職活動が展開できるのではないだろうか。