転職情報を探す

人材紹介会社を利用する

人材紹介会社は少し前まで、ハローワークが独占して行ってきた業務だが、規制緩和により民間の企業が多くなった。人材紹介会社は紹介先の企業から紹介料を貰う事で成り立ち、一般的に紹介料は紹介者の年収の3割と言われている。求人企業は一般に募集するよりも安く欲しい人材を雇用できるメリットがあり、求職者側はじっくりとアドバイザーを得ることにより希望する条件に見合う転職が出来るという事、応募や日程調整などの面倒な手間をアドバイザーが代わってくれる事だ。

人材紹介会社で得られる転職情報

人材紹介会社はハローワークや新聞・雑誌には掲載される事のない非公開の求人情報が集まる。これは人材コンサルタントが直接企業の人事部門などを回って集めてくる情報で、企業としては公開したくない、あるいは一般には募集しにくい専門分野の求人であったりすることが多い。非公開求人の数は公開求人の数倍とも言われている。求職者はその中から、適正があると思われたものをアドバイザーから提案される事になる。人材紹介会社に登録するとまずはアドバイザーと面談する事になり、キャリアの相談や希望の条件を伝える。アドバイザーは履歴書、職務経歴書の作成から退職まで全般にアドバイスをくれる。

他の転職情報を探す